境界が不明なとき

境界が不明なとき

一般的に、隣接する土地の地番と地番の筆界(これを「公法上の境界」といいます)がはっきりしない場合、道路、水路などの公有地との境界立会い、隣接土地(民有地)との境界立会いを行い、公有地であれば公共用地境界の証明書の取得、隣接土地(民有地)であれば書面による境界確認書の取り交しを行い境界杭を埋設します。これを境界確定測量といいます。

境界の問題は一度こじれると解決が困難になることがしばしばあります。境界標が設置されていないためにお隣との付き合いが不仲になったり、紛争にまで発展することもあります。こうした問題の解決に境界のスペシャリストである私たち土地家屋調査士が全力でサポート致します。

▲PAGE TOP

こんな場合はご相談ください

隣との境界が不明ではっきりさせたい場合

分筆登記をする場合

地積更正登記をする場合

土地の正確な面積を知りたい場合

▲PAGE TOP

境界問題のよくある質問

▲PAGE TOP

測量・境界杭に関する料金

費用の概算については、以下をご参考ください(あくまでも目安としてとらえてください。具体的な調査内容、物件数、難易度により異なります)。ただし、報酬には登録免許税等の実費は含まれておりません。価格はすべて税抜きの価格となります。

手続き 実費は別途
土地の確定測量 250,000円~
境界杭の復元測量 50,000円~
現況測量 60,000円~
高低測量 50,000円~

▲PAGE TOP

お気軽にお問合わせください。

▲PAGE TOP